市民税や住民税が払えない時のカードローン

2年 ago ラクラシ編集部 市民税や住民税が払えない時のカードローン はコメントを受け付けていません。

 
住民税など、会社に勤めている会社員の場合は、給料から天引きなので支払い滞納することはありません。
ですが、雇用形態が正社員でない人は、自分で市民税や住民税を支払わないといけませんよね。
正規雇用者以外の人の場合、銀行からの自動引落や納付書で銀行に支払いに行かねばならないので、それなりにお金を用意する必要も出てきます。
 

住民税は、地域社会の費用をできるだけ多くの住民に分担してもらう、という性格を持っている税金です。一般的には、市町村民税(23区では特別区民税)と道府県民税(東京都では都民税)の総称が「住民税」です。

引用元:住民税とは? 計算方法と納付方法 [税金] All About

しかし、うっかり支払う分のお金を使ってしまっていたり、支払期日に気がついて慌てて用立てなければいけない時も出てくるでしょう。
そういう事態はカードローンを活用すれば乗り切ることができます。

 
 

カードローンとは?

カードローンは無担保・保証人不要の個人向けローンで、借りたお金の使用用途は自由。
どんなことにお金を使おうが、誰からも文句は言われません。
ですから、市民税や住民税の支払いのためにカードローンで現金を借り入れしても大丈夫なのです。

 
 

・WEB契約ならいつでもどこでも申込み可能

WEBから24時間申し込みができ、最短即日でお金を借りることも可能なので、税金の支払い期日間際になって「支払いのお金がない!」と気がついたとしても対応できる範疇ではあります。

また、カードローンは専用カードを作ってカードで現金を引き出す(借り入れる)のですが、最近では直接銀行口座に振り込んでくれるところも出てきました。
市民税や住民税の支払いに銀行自動引落をしている人は、このサービスを利用すれば手間はかかりませんよね。

 
 

・「無利息サービス」でお得な借り入れ

さらにカードローン初回利用者向けのサービス「一定期間無利息サービス」を利用すれば余分な出費も抑えられます。
 

無利息とは、利息がかからないこと。金融機関で金銭を借りる場合、その金銭を返す際には借りた金額に利息(利子)と呼ばれる金額を加えて返却するのが原則である。利息は借り入れ金額が大きいほど、借り入れ期間が長いほど、借主の信用が低いほど多くなるが、この利息が全くない、利息額がゼロであることを無利息という。

引用元:無利息とは – 意味/定義 : マネー用語辞典

市民税や住民税は人によって納付金額は異なりますよね。
うん十万円というような高額納税者なら別ですが、一般市民であればそんなに高い額ではないはず。
一時的にカードローンを利用して、その場をしのぐ方法も「あり」だと思います。
 
 
 

・関連サイト

カードローン・キャッシングの総合情報サイト,お金を借りるセレクトお金を借りるセレクト|今すぐに借りたい時の借り入れ比較
利用限度額・金利・審査スピード・融資スピード・職業など、自分の希望に合ったカードローンをカンタンに探すことができるカードローン比較サイト。
無利息サービスのあるカードローンもこのサイトならすぐに見つかります。