冷え性の症状・原因・対策について

2年 ago ラクラシ編集部 冷え性の症状・原因・対策について はコメントを受け付けていません。

 
手足が冷たい、全身が冷たいなど身体の一部や身体そのものが冷たく感じられる症状の事を「冷え性」と言います。

冷え性は病気ではなく、しかし健康でもない状態。
東洋医学では「未病」とも言われています。

 

冷え性に対する考えは「西洋医学」と「東洋医学」で違う?!


 
「西洋医学」と「東洋医学」では、考え方や治療法に違いがあります。
 

西洋医学では,「冷え」とは客観的な体温の低下を意味し,「冷え性」は冷えに対する過敏な性格ととらえ治療法も少ない。一方,東洋医学では,体温計もない時代から五感に基づく相対的診断により,冷えを病気の前駆症状(未病)ととらえ治療対象としてきた。また,「冷え症」は日本独自の病態であり,冷えが辛いという主観的な自覚症状であるため,客観的に冷えていても自覚がない場合は冷え症とは言わない。

引用元:(1)冷えのとらえ方 [特集:「冷え」の東西医学による診断と治療]|Web医事新報|日本医事新報社

このように、西洋医学と東洋医学とでは、冷え性に対する見方も若干異なってはいます。
ですが、共通して言えるのは「血のめぐりが悪い」ことが冷え性を引き起こしているという事です。
 
 

冷え性を起こす影響とは?

その影響は、人によって様々な症状として現れます。
「手足が冷える」「全身が冷える」「下半身のみ冷えて上半身はのぼせる」などです。

例えば、手足が冷える影響は以下であげられています。
 

引用元:「冷え性」はなぜおこるか?|冷え性について|体温と生活リズム|テルモ体温研究所
 

わたしたち人間の生命活動を維持する上で大切な働きをしている酵素の働きは、37℃で最も高まります。そこで、内臓のある体の中心部の温度をつねに37℃に保つために、環境の変化に応じて体温を調節するわけです。

暑いときは四肢末端や皮膚表面近くにある血管を拡張させ、血液の流れる量を増やすことで外気に向けて熱を逃がそうとします。それでも足りなければ、汗を出すことで熱を逃がします。

逆に寒いときは、四肢末端や皮膚表面などの血管を収縮させて熱の拡散を防ぎ、心臓や肝臓など重要な臓器が集まる体の中心部に血液を集めて、体温を維持しようとします。そのため血液が行き渡りにくくなった手先や足先は、温度が下がるのです。

引用元:「冷え性」はなぜおこるか?|冷え性について|体温と生活リズム|テルモ体温研究所

 
また、血の巡りが悪くなる要因は色々と考えられていて「遺伝性のもの」「筋肉(血管)が硬い事」「ストレスによるもの」などこちらも様々です。

何にしても、身体が冷えたままではほかの病気も引き起こしかねませんので、できるだけ改善対策を講じる必要はありますね。

 
 

冷え性対策について

例えば「ぬるま湯にゆっくり浸かる」「適度な運動をする」「バランスのとれた食事をする」など、ちまたではいろいろな方法が言われています。
 

1)「食」で冷え対策

皆さんもご存知の通り、冷たい飲食物を摂ると体が冷えてしまいます。
そういった冷たい食べ物や飲み物が「冷え」の原因となるので、冷えた清涼飲料やビール、アイスクリーム、氷などを控えることも対策の1つと言えるでしょう。
 

【食事療法を取る場合】

生姜やニンニク、ネギは体を温める効果があると言われています。
料理に一工夫して入れてみるのもいいでしょう。

さらに、ココア、紅茶、生姜湯、白湯なども冷え性改善にオススメです。

 
飲食等で冷え対策ができない方でお薬活用をするのであれば、漢方薬で身体の負担をかけないように改善するのもいいでしょう。
 
 

2)「運動」で冷え対策

「運動」でも冷え対策を行うことができるのはご存知でしょうか?
 

出典:その他の生活習慣と冷え性|冷え性について|体温と生活リズム|テルモ体温研究所
 

私たちの体はつねに代謝によって熱を生み出しています。温暖な環境で安静にしているとき、筋肉(骨格筋)が生み出す熱の量は全体の20%程度になります。しかし中等度の動作をしていると、代謝活動はいちじるしく高まり、骨格筋が生み出す熱の量は3倍以上になり、全体の76%にまで上昇します。通常、1日の生活における骨格筋の熱産生量は全体の約6割を占めると考えられます。 したがって、生活の中で運動を取り入れることも重要な冷え性対策といえます。

引用元:その他の生活習慣と冷え性|冷え性について|体温と生活リズム|テルモ体温研究所

このように、運動をすることは冷え性対策へと繋がります。
運動を取り入れる場合は、極度に激しい運動は避け、ウォーキングなどでしっかりと有酸素運動をしてみましょう。
他にも、ストレッチやヨガなども効果があると言われています。
 
 

3)「生活」で冷え対策

実はお風呂の温度設定も冷え性対策へと繋がるのです。
 

出典:その他の生活習慣と冷え性|冷え性について|体温と生活リズム|テルモ体温研究所
 

入浴実験をしたところ、冷えを防ぐ入浴のポイントは「ぬるめのお湯にできるだけ長く入る」ことだということがわかりました。 38~40℃のぬるめのお湯にゆっくりつかると、心身を緊張させる交感神経の働きが抑えられて副交感神経が優位となり、体だけでなく、精神的にもリラックスし、末梢の血管が充分に開きます。また、浮力と水圧の効果で足腰の筋肉が緩んで、体のすみずみまで血液が行き渡り、冷えやむくみの改善にもすぐれた効果を発揮します。

引用元:その他の生活習慣と冷え性|冷え性について|体温と生活リズム|テルモ体温研究所

他にもたくさんの方法がありますが、ポイントは「血の巡りをよくすること」。
自分の体調を見ながら試し、自分に合う方法で冷え性対策をしましょう!

ですが、冷え性を改善するには時間がかかるので、ゆっくりと時間をかけて健康な身体を作ってください。